PROFILE

スダンナユズユリー
E-girlsそしてHappinessのパフォーマーとして活動する”須田アンナ(左)”と”YURINO(右)”、同じくE-girlsでヴォーカルを務める”武部柚那(真ん中)”が、1Vo. 2MCという新たなスタイルでGirls HIP HOPユニット「スダンナユズユリー」として新たなプロジェクトがスタート!

E-girlsやHappinessで活動する中で時間を見つけては集まっていたダンスとHIP HOPが大好きな3人。自分たちが発信したいことを、自分たちで歌詞を書いて、ラップしたり歌っていたりしていた彼女たち。歌っては書き直し、何度も納得がいくまで楽曲制作を追求し、等身大の自分たちを表現することにこだわっていくスダンナユズユリーの今後の活動に注目!!
 
 
「スダンナユズユリーがデビューすることに、正直まだ実感が湧かないですが、活動できることが嬉しいですし、気合いが入っています!自分達のリリックを通して、E-girlsやHappinessとは違った、スダンナユズユリーだからできるパフォーマンスで楽しんでいただけるように頑張ります! 」
YURINO
 
「ラップは子供の頃から聴いていて好きだったので、挑戦出来ることがとても嬉しかったです!ついにデビューする事になりましたがデビュー曲となる『OH BOY』は3人で試行錯誤しながら歌詞を書かせて頂いたので、とても想い入れの強い曲です!この3人で『女の子だけどカッコいいヒップホップ』を魅せていきたいと思っているのでE-girlsやHappinessとは違う顔を見せるスダンナユズユリーにぜひ期待していただけたら嬉しいです!」
須田アンナ
 
「スダンナユズユリーは、ラップや歌の作詞も自分たちで行い、本当に等身大の私達が詰め込まれたまさに、『ザ・自分達!』という楽曲になっています。E-girlsとはまた違った今までにないスダンナユズユリーらしいエンタテインメントをこの3人でお届けしていきたいなと思っています!スダンナユズユリーの魅力をライブで伝えたい!と思っていますので皆さんがライブに行きたい!と思ってもらえるようにワクワクするものを創っていきたいです!」
武部柚那